乳首 黒ずみ

手術するわけにいかないし、乳首を皮膚科の先生に見せるのも嫌だしって思って、ネットで簡単に家でできるバストトップケアの方法を見つけました。

 

<h2>乳首の美白を自宅で簡単にする方法

家で簡単に美白する方法は、ヨーグルトを使う事です。

 

ヨーグルトをダイレクトに塗ってもいいですが、ヨーグルトをちょっと放置してた時に出てくる水の方が美白効果が高いので、使うならヨーグルトの固形部分は食べて、浮いてくる水の部分を使うのがポイントです。

 

顔に塗っても大丈夫なので、乳首に塗っても問題ないです。

 

1日おきに顔に塗って10分おいて、1週間くらいで肌荒れは治ってくれます。

 

100均のシリコンパックを使って、コットンにヨーグルトの水を浸して、その上からシリコンパックで覆うと、10分間テレビ見てても落ちないのでオススメです。

 

 

ヨーグルトのホエイと乳首の色

ヨーグルトの水分の部分にホエイっていう成分が含まれてて、ピーリング効果と美白効果があるので乳首の角質がキレイに落ちて、色が薄くなっていきます。

 

ホエイの特徴は、
美肌効果
美白効果
肌荒れ防止効果
アンチエイヂング効果
ストレス軽減効果

 

です。

 

2日に1回パックすることで半年くらいかかりますが、半年後くらいには少しだけ色が乳首の黒さが薄くなります。

 

 

乳首の色を薄くする食べ物

美白に効果が出る栄養素は、ビタミンB、ビタミンC、ビオチン、コラーゲンです。

 

ビタミンBは卵、納豆、うなぎ
ビタミンBsは豚肉

 

ビタミンCは、レモンはもちろん、ピーマン、パセリ、苺です。
意外ですが、レンコンもです。

 

基本、緑黄色野菜って言われる野菜を摂るのがポイントです。

 

 

 

 

 

子供ができると乳首が黒くなる?

妊娠すると乳首が黒くなるのは当たり前です。

 

ホルモン量が劇的に変わるので、一気に黒くなります。

 

でも、出産後に前より色がキレイになったって人がほとんどなので、一瞬黒くなるだけなので気にしなくて大丈夫です。

 

 

 

 

乳首が黒くなる理由は妊娠だけじゃない

乳首って服とかブラとかで擦れて、気づいたら黒くなってるものなんです。

 

なので、みんな当たり前に色が黒くなっていくものなので気にしなくて大丈夫です。

 

でも、黒かった当時の私もそうですが、乳首ってピンクになりたい!ってずっと思ってるもんですよね。

 

ピンクそのものは無理ですが相当キレイになったので、私が使った乳首クリームの事はこっちの記事に書いてます>>

 

 

 

乳首ってみんな生まれた時はうっすら茶色です。

 

日本人の本当の乳首の色はベージュ〜薄い茶色です。

 

 

ピンクの乳首は白人か超色白の人しか無理です。

 

童貞の男の子以外はピンクだと思ってるみたいですが、経験者はピンクの乳首だと逆にちょっと引いてしまうそうです。

 

 

 

 

 

私が買った乳首クリームの記事>>