ビタミンC 乳首

乳首が黒くて悩んでるなら、ビタミンCを味方につけるのが勝ち。

 

乳首の黒ずみの主な原因はメラニン色素

何で乳首がメラニンやねん!ってツッコみたくなると思いますが、乳首って長年の下着とのこすれでメラミン色素が反応してどんどん黒くしてるだけなんです。

 

裸で暮らしてたら黒くはならないんですが、日本に住んでる限り裸族とか無理!

 

なので、黒乳首になったらピンク乳首に戻せばいいだけ。

 

メラミンをしっかり取り去ってやれば、全員ピンクの乳首になれるんです。

私が使ってる乳首クリームのページを見に行く>>

 

 

ビタミンcと乳首

ビタミンcって聞いてレモン乳首に塗ろうとしてない??

 

でもビタミンC肌に直接塗ってもかゆくなるだけだから、レモンで乳首パックとかは絶対やっちゃダメです。

 

ビタミンC誘導体っていう成分聞いたことある?と思うんですが、肌に塗るならしっかり肌に浸透する誘導体になってないと意味ないんです。

 

 

ビタミンC誘導体って何?

ビタミンc誘導体は、ビタミンCを安定化させた成分の事をいいます。

 

肌の中に入るとビタミンCに変化するように変化させた成分です。
(ビタミンCは非常に壊れやすい成分なのでそのまま塗っても肌に浸透することができません。)

 

ビタミンCの効果は、

 

活性酸素を抑える抗酸化作用

 

できてしまったメラニンを還元する作用

 

新陳代謝を促す作用、皮脂分泌のコントロール作用

 

コラーゲンの生成促進などの優れた美肌効果があります。

 

 

 

ビタミンC誘導体は3種類

 

皮膚に吸収されやすく即効性のある「水溶性」

 

ビタミンCと油を融合させ、浸透力の高い「脂溶性」

 

水溶性と脂溶性の性質を併せ持つ「新型ビタミンC誘導体」(通称APPSって言います)

 

3種類のビタミンc誘導体、それぞれ使われる商品が違います。

 

水溶性ビタミンC誘導体は美容液や化粧水

 

脂溶性ビタミンC誘導体は美容クリーム

 

APPSは化粧水

 

に使われます。

 

 

ビタミンC誘導体の副作用

一番の副作用が、肌に対する乾燥や刺激

 

効果があり過ぎる分、副作用も多いのが困りものな成分です。

 

 

美白効果があるとして有名なハイドロキノン、肌の新陳代謝を促すといわれるトレチノイン酸、乾燥などの荒れた肌を改善する効果を持つグリチルリチン酸。

 

例えばハイドロキノンは美白に高い効果があるといわれていますが、安定性がないとしても有名です。体質に合わないとすぐに肌に赤みが出たりします。

 

トレチノインは肌の新陳代謝を促しますが、使用すると逆に皮膚が剥がれ落ち、赤みが出てしまう事もあります。

 

 

 

そしてグリチルリチン酸。乾燥にも高い効果を発揮しますが、使用量が多すぎるとステロイドに似た効果が出てしまうという副作用も持ちます。
ビタミンC誘導体も副作用はすごいって言っても、ハイドロキノンやグリチルリチン酸に比べたら断然安全な成分です。

 

 

後で詳しく書きますが、私が調べた中で一番良さげだなって思って買ったホワイトラグジュアリーっていう乳首専用クリームがあるんですが、ホワイトラグジュアリーの成分の生ビタミンC(アスコルビル酸Na)はビタミンC誘導体よりも肌の奥に浸透しやすいって知ったので、コレ使ってます。

私が使ってる乳首クリームのページを見に行く>>

 

 

乳首を美白する時って結構大変で、どの成分もお肌に対して強い副作用があります。

 

その@美容整形外科・皮膚科でのレーザー治療
そのA皮膚科で処方された薬を使う
そのB美白成分が入ったクリーム(化粧品)を使う

 

 

 

とりあえず@の乳首へのレーザー治療は
値段が高いし失敗した時に怖いのと痛そうなので却下(´・ω・`)

 

残るはAとB。
皮膚科で処方される薬とか効きそうじゃん!!と思ったので色々調べていると、
「効果は高そうだけど副作用とか怖いなー」と怯えだすわたし。

 

乳首の一部だけ真っ白(『白抜け』っていうらしい)になったりしたら黒ずんでるより余計に目立つじゃん。
使い方さえ間違わなければいいんだろうけど、
結構雑な性格だしお風呂あがりにサッと塗ってOKみたいな感じがいいということでAも却下(´・ω・`)

 

 

 

●ピンク色の着色剤で表面をピンク色にするのではなく、メラニンによる色素沈着を解消してピンク色に戻す
●肌に刺激を与えないものを使う
●乳首の表面ではなく内側の原因もしっかり解消する

 

「美白する成分」が入ってないとだめ。

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム
乳首をピンクにするクリームホワイトラグジュアリープレミアムってどんなクリームなの?

 

乳首の黒ずみに効くビタミンc誘導体3種類を全部入れちゃったすごいクリーム。
生生ビタミンC・水溶性ビタミンC・油溶性ビタミンCの3種類で、角質層もさらに奥にある「基底層」にまで成分が届きます。
今ある黒ずみと内側の黒ずみを作ってるメラノサイトにも作用して黒ずみを根っこからやっつけます。

美白有効成分 :プラセンタ
保湿成分:ヒアルロン酸、コラーゲン
ターンオーバー促進成分:プラセンタ
単品購入の場合 9,980円(税込)
定期購入の価格は、5,980円(税込)
定期コースの条件:3回
返金保証:あり(90日間)

私が使ってる乳首クリームのページを見に行く>>

 

 

 

ホスピピュア

ホスピピュア
乳首をピンクにするクリームホスピピュアってどんなクリームなの?

 

湘南美容外科が開発した乳首黒ずみクリームです。
できてしまったメラニンも、肌の奥で芽生えたメラニンも両方に効くようにできてます。

美白有効成分:トラネキサム酸
保湿成分:スクワラン、シアバター、ビローザ
ターンオーバー促進成分:トラネキサム酸
単品購入の場合 9,000円
定期購入の価格は、5,500円(税別)
定期コースの条件:初回を除き2回の縛り
返金保証:あり(90日間)

ホスピピュア初回無料のページを見に行く>>

 

 

 

HAKUBI

乳首をピンクにするクリームHAKUBI
ってどんなクリームなの?

 

アスタキサンチンが入っていて、薬用美白成分のプラセンタと相乗効で乳首の黒ずみを内側からガッツリ解決してくれます。
アスタキサンチンは、ビタミンcの6000倍、コエンザエムQ10の800倍の美白効果があります。

美白有効成分:プラセンタ
保湿成分 :ヒアルロン酸・シロキクラゲなど
ターンオーバー促進成分:プラセンタ
単品購入の場合 8,270円
定期購入の価格は、初回無料、2回目以降5,980円(税別)
定期コース条件:初回無料分含む4回の縛り
返金保証:あり(90日間)

HAKUBI(はくび)の公式キャンペーンを見に行く>>

 

 

 

ピューレパール

 

乳首をピンクにするクリームピューレパールってどんなクリームなの?

 

ピューレパールは脇の下もビキニラインも両方美白できるジェルで有名で、乳首の美白にも使える大容量タイプ。
コスパでは最強です。
元もとワキの黒ずみ用に作られたものなので、乳首使ってみていける人とかゆくなる人がいます。
使えなかったら返品もできるので、脇や肘、ビキニラインの黒ずみも抱えてる人は一緒に美白できるので、一回ためしてみるといいと思います。

美白有効成分:水溶性プラセンタエキス
保湿成分:トリプルヒアルロン酸、ほか
ターンオーバー促進成分:プラセンタ
単品購入の場合 7,600円(税別)
定期購入の価格は、4,750円(税別)
定期コースの条件:3回の縛り
返金保証 あり(25日間)

 

 

 

 

 

 

自分の乳首をピンク色にするために使うクリームに『ホスピピュア』を選びました!
簡単にまとめるとホスピピュアは…

 

美白有効成分がしっかり入っている
その有効成分が『メラニン』の働きを抑えるトラネキサム酸
保湿成分もしっかり入ってて摩擦ダメージによる色素沈着を回避
湘南美容外科との共同開発で配合濃度に期待大

 

 

 

ホスピピュアを選んだ決め手は主にこの2つ。

 

有効成分が『メラニン』の働きを抑えるトラネキサム酸
湘南美容外科との共同開発で配合濃度に期待大

 

 

 

トラネキサム酸が黒ずみケアに良いって聞いたけど、トラネキサム酸が配合されてるクリームは他のメーカーからも出てるんですよね〜!
じゃあ違いは何なの?ってなるんですが、「トラネキサム酸の濃度」と「その他の成分とのバランス」かなと。

 

例えば、デリケートゾーンの黒ずみケアで人気の「イビサクリーム」にもトラネキサム酸が入っているんですが、あっちはワックス脱毛の会社?お店が出しているクリームなんです。

 

『ワックス脱毛店が出したクリーム』と『湘南美容外科と共同開発のクリーム』だったら、やっぱり美容外科と共同開発したクリームの方がよさげじゃないですか?
(もちろん一概には言えないですけど。)

 

きっと濃度や配合バランスは計算に計算を重ねて作られたはず。
|ω・`)φじゃないと「湘南美容外科」の評判落ちるし。

 

ということでこの2つのポイントからホスピピュアに決定しました!
ホスピピュアは『乳首の黒ずみにおすすめ』とあり、わたしの悩み解決にどストライクだったのもキュンっときました。

 

 

ヨーグルトパックの作り方

 

シンプルな基本の作り方です。
材料は無糖のプレーンヨーグルトと小麦粉のみ。
1:1の割合でヨーグルトと小麦粉をよく混ぜ合わせます。量によってパックの固さが変わるため、好みの固さになるよう小麦粉を調整しながら加えるとよいでしょう。
ダマにならないようにしっかりと混ぜ合わせたら完成。豊富な栄養分が含まれているホエイも一緒に混ぜ合わせるのがポイントです。ただし、期限切れのヨーグルトは雑菌が繁殖しやすいため、使用しないようにしてください。
ヨーグルトパックに混ぜたいおすすめのアレたち

 

ヨーグルトと小麦粉のみで作った基本のパックでも十分に美白効果や保湿効果がありますが、さらに応用編として、レシピに加えるとよい材料をいくつかご紹介します。
それぞれの効能を比べて、肌状態や気分によっていろいろなパックを使い分けるのもおすすめです。ぜひお気に入りの組み合わせを探してみてくださいね。

 

 

はちみつ

 

ヨーグルトとはちみつで乳首をパック
はちみつには優れた保湿力や、肌のターンオーバーを整えるピーリング作用、肌の回復力を高める抗酸化作用、乾燥や肌荒れに働きかける殺菌・抗菌作用、消炎作用、肌内部にある水分を逃がさないエモリエント作用など、肌にうれしい効果がたくさん期待できます。
ヨーグルトパックに混ぜることで、トップを含めたバスト全体をうるおった美肌へと導きます。

 

 

オリーブオイル

 

ヨーグルトとオリーブオイルで乳首をパック
オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、人間の皮脂にも含まれている成分。そのため、肌へ塗ることで不足した皮脂を補うだけでなく、肌内部にある水分の蒸発を防ぐバリアの役目を果たし、乾燥を防ぐ効果があります。
また、オリーブオイルには新陳代謝を活発にする作用もあるため、肌のターンオーバーを整えて、くすみのない乳首を実現します。

 

 

抹茶(緑茶)

 

ヨーグルトと抹茶で乳首をパック
抹茶や緑茶には、黒ずみケアと美肌には欠かせないビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには肌内部の水分蒸発を防ぐ効果やメラニンの生成を抑える効果があるため、抹茶や緑茶の粉末を混ぜるだけで、ヨーグルトパックの効果を高めることができます。
ただし、まれにアレルギー反応が出ることもあるので、事前にパッチテストを行いましょう。

 

 

重曹

 

ヨーグルトと重曹で乳首をパック
重曹は弱アルカリ性の成分でできているため肌にやさしく、敏感肌やアトピー肌の方にもおすすめです。ヨーグルトパックに混ぜると、古い角質をとり除くピーリング効果が期待できます。
重曹をヨーグルトに混ぜていくと、小さな気泡が出てきます。炭酸のような気泡がシュワシュワと弾き出したら完成。さっぱりとした爽快感を味わえるパックです。

 

 

無糖ココア

 

ヨーグルトとココアで乳首をパック
ココアにはワインの約2倍、紅茶の約45倍もの豊富なカカオポリフェノールが含まれています。カカオポリフェノールには抗酸化作用があるため、ヨーグルトの新陳代謝を促す作用とで、黒ずみケアと同時にエイジングケアも期待できます。
ヨーグルトパックに加えるココアは、純度の高い無糖のものを使いましょう。